ホイールを長持ちさせるためにホイールコーティング

自動車は走れば走るにしたがい少しずつキズついていくものです。キズがつきやすい部品としては、フロントのバンパーやヘッドライト部分、ボンネットなどが挙げられますが、同様にタイヤのホイールもよくキズがつきやすい箇所として考えられます。

車のフロント付近は前を走る車が跳ね上げた小さな石が飛んできたりするため、どうしてもキズつきやすくなりますが、ホイールはどうしてキズつきやすくなってしまうのでしょうか?

ホイールの場合、路面にとても近いところに位置しているため、走行中に自ら小石や砂を跳ね上げてしまうことによって、キズがつくのです。また、自動車の排気ガスの中には油分が多少含まれているので、雨が降ると路面から油分が染み出してしまう場合もあります。すると、ホイールもその路面から出てきた油分もかぶってしまうため、そのままにしておくと表面の塗装や被膜が劣化してしまうこともあるのです。

そこで、できれば行なっておきたいのがホイールコーティングです。
ボディコーティングと同じように、ホイールの表面に薄い皮膜をつくり、汚れやキズを防いで簡単に洗車できる状態をつくってくれるのが、ホイールコーティングです。ホイールコートすることで、小さな石や砂によるキズ、そしてブレーキダストや油汚れまでもつきにくくして、ホイールをきれいな状態に保つことができます。

このホイールコーティングはボディコーティングと同じようにそれほど煩わしいことではなく、簡単に行なうことができます。カー用品店などでは自分でコーティングできるキットなども販売されているので、車が新しいうちやホイールを購入後すぐにコーティングしてしまうことがオススメです。

では、ホイールコーティングを行うことで、他にどのようなメリットがあるのでしょうか?
それは、洗車が非常にラクになるということです。ホイールコーティングはキズばかりではなく、汚れも付きづらくしてくれるわけですが、コーティングを行なわないホイールよりも少ない水の量で洗車ができるようになります。ホイールの奥にはブレーキなどもあるため、あまり水をかけて洗うのは適していないので、こうした面でもホイールにコーティングをかけておいた方がよいと言えるでしょう。また、ホイールコーティングをすると撥水効果もあるので、雨水がついたとしても汚れ自体がつきにくいといったメリットもあります。

一方、ヨーロッパ車の場合、次のようなメリットもあります。
ヨーロッパ車のブレーキはとても効きがよい反面、ダストが多いことも特徴です。特にドイツ車の場合、その特徴は顕著であり、ちょっとドライブしただけでもホイールが真っ黒に汚れてしまうことも度々起こります。さらに、こうしたヨーロッパ車でデザインにこったホイールは、手が入らず掃除が行き届かないような箇所に限ってブレーキダストがたまってしまい、汚れが落としづらくなってしまうこともあります。

しかし、ホイールにコーティングをしておくと水洗いも簡単になり、ダストもすぐに落とせるようになります。
ブレーキダストの処理は、高圧洗浄機やスチームなどを使う方もいらっしゃいますが、これには時間も手間も費用もかかってしまいます。ホイールコートは簡単に行なえるうえに、それほど手間もかからないため、とてもオススメと言えるでしょう。

最近では、ホイールも昔に比べると安くなってきたため、キズや汚れが目立ってくると交換される方も多いようですが、ホイールコーティングを行うことでいつまでもきれいな状態に保つことができ、掃除も簡単に行なえるようになります。
まずは、カー用品店などでホイールコーティングの話を聞き、気軽に始められそうな商品を選んで、自分で行なってみてはいかがでしょうか。

車の足回りは全体バランスではとても重要ですね!見た目もさることながら、運転にもかなり影響は高いですね!

その中でもホイールを変えて見栄えをよくしても、案外落とし穴なドレスアップがブレーキのキャリパーではないでしょうか!
ホイールの種類によってはブレーキ周りがよく見えるホイールもあります。ホイールがかっこよくてもブレーキキャリパーがノーマル丸出しだとちょっと残念ですね。そんな時は、キャリパーに色を塗るってこともありありです~~

私の知人は車を買うたびに、キャリパーも一緒に塗っています。高級輸入車で多いのが「赤」です。黒いタイヤにちらっと見える赤いキャリパーは好きな人が多いでしょう!でもなぜ赤なのでしょうか?車の高級整備用品で有名なスナップオンも赤がメインカラーですね~~私の車の本革も赤黒のツートンカラーでかっこよく決まっています。ドレスアップに困ったら赤いキャリパーもいいんではないでしょうか!!

PR|シートヒーター|レザーシート張替|