ホイールコーティングがおすすめな理由

車のアルミホイールといえば、以前はタイヤと併せても10万円・20万円もする高価なアフターパーツとして確固たる地位を築いていました。しかし最近の自動車では、純正仕様でアルミホイールを装着している車種は多く、新たに購入するといったユーザーは減少しているのではないでしょうか。そんな大切なアルミホイールも、手入れを怠ればせっかくの高価なパーツも台無しです。そこで今回は、アルミホイールを保護するためのホイールコーティングがおすすめな理由についてご紹介したいと思います。お得感を損なわないようにしたいなら、細部まで気を配って。コーティング専門店なら千葉県・東京都

ホイールは最も汚れやすく傷つきやすい
車のパーツで最も汚れやすく傷つきやすいのがホイールです。路面に最も近く、走行中の跳ね上げた小石や砂などによってたちまち傷がついてしまいます。また、最も汚れる原因としてはブレーキパッドやブレーキシューといった消耗品のダストによる影響があります。ブレーキ時にはローターとブレーキパッドの金属同士が摩擦し合い、その摩擦によってブレーキパッドが削られていきます。その金属カスがホイールにこびりつく事でブレーキダストとなり、ホイールを汚してしまいます。なお、この金属カスは次第に錆びていくため、放置しておけばそれだけ汚れを落とすのは非常に困難になってしまいます。

ホイールコーティングの必要性
車体の汚れを防ぐ方法としてボディコーティングがあります。これを施しておくだけで汚れを簡単に落とす事ができたり、汚れのみならず小石や砂などのよる細かな傷や、最も大敵なブレーキダストや油汚れから防いでくれます。また、ブレーキダストや金属カスがホイールに固着したまま放置すれば、それがそのままサビとなりやがてホイール自体に侵食して腐食させてしまいます。こういった事を未然に防ぐためには、ホイールコーティングはとても大切な存在といえます。

ホイールコーティングの効果について
頑固な汚れを落とすことでホイールの美しさを保つ事ができます。また、ホイールの表面に薄い皮膜を形成する事で、汚れをつきにくくして洗車時の汚れ落としを容易にしてくれたり、ちょっとした傷などからも守ってくれます。コーティングを施していないホイールの場合、ひどい汚れに対しては、市販の洗浄剤では中々落ちにくく、高圧洗浄機やスチームなど特殊な洗浄機を使用したりするなど、時間も手間も費用も掛かります。その点、コーティングを施してあれば簡単に汚れが落とせるのは見逃せません。何といってもコーティングを施してあるか否かで、その後のお手入れが非常に簡単になるという事は最大の強みといえます。

ホイールコーティングの施工方法について
ホイールコーティングは、ボディコーティング同様、決して難しいものではありません。むしろ施す範囲がホイールのみと範囲は狭いので比較的簡単に施工する事が可能といえます。カーショップなど業者の方に依頼する方法から、市販のコーティング剤を用いてDIYで施工する事ができますので、自分の技量に合わせ選択してみて下さい。ちなみに新車、あるいはホイールを購入後、時間があまり経たないうちにコーティングする事がおすすめです。

コーティング剤の種類について
ボディーコーティングにはにガラスコート系やポリマーコート系、フッ素コート系、などいくつかの種類がありますが、ホイールコーティングの種類はガラスコート系が主流といえます。市販のものでは、ほとんどがガラスコート系が多く、専門業者の場合には耐熱性に優れた独自のコート剤を用いるところも多いです。ちなみに、効果期間は1年、長い所で3年は持続するコート剤も存在しています。
大切なアルミホイールをいつまでもきれいに保つためにも、ホイールコーティングは是非ともおすすめしたいメンテナンスといえます。

メッキタイプのホイールについて
ホイールでも、光輝くメッキタイプのホイールのお手入れはちょっとした工夫が必要です。メッキアルミホイールでは、ホースの穴を指で押しながら勢いよく水を飛ばしながらホイールに付いた汚れを飛ばしましょう。高圧洗浄機があれば、もっと綺麗に汚れを取り除くことができます。

専用のスポンジがあるので、それであまりゴシゴシと擦らないようにしながら汚れを落とすようにします。そのメッキホイールの汚れは、専用のメッキクリーナーを使って汚れを取り除くのがポイントです。

そのクリーナーで汚れを取り除いたら、水で綺麗に洗い流してからしっかりと水分を拭き取りましょう。メッキはどうしても水垢が気になります。それを取り除くには、吸水性の高いタオルで拭き取るのが1番です。

最後は専用のジェルを少し付けてスポンジで磨いてあげれば、より美しいメッキの輝きをいつまでも保つことができます。

メッキモールコートもボディコーティング専門店にお任せ