ホイールの汚れ

PR|東京の観光地千葉県のカーセキュリティなら

ホイールに付着する汚れと言えば、まず思い描くのがカーボン系のすす汚れで真っ黒になった状態です。
この汚れの主な原因は、ブレーキング時にブレーキパッドがローターとの摩擦で燃焼し灰になった物です。
そこに路面などからの砂、泥汚れやピッチやタールなどの油性の汚れが付着し蓄積していきます。
また、もう一つの汚れの原因はブレーキローターから削られて発生する鉄粉です。鉄粉というとブレーキパッドの粉も鉄粉と考えがちですが、ブレーキパッドから出るのはブレーキローターとの摩擦で燃焼して灰になった汚れが主で、いわゆる「鉄粉」として付着するのは、ブレーキローターがパッドによって削られた際に発生する物が主になります。
近年はブレーキパッドには金属以外の樹脂や繊維などが使用される傾向にあり、パッドからのダストの軽減も考慮された製品も販売されています。
輸入車やスポーツカー等のホイールが真っ黒になりやすいのは、制動力を重視したパッドのためブレーキパッドが多く消耗するからです。

一般道での運転中のパッド、ローターの温度は車両によっても異なりますが、一般的には50~100℃くらいで安定しています。
これが高速道路になれば温度はさらに上昇し100〜150℃にもなります。

断熱性能を考えるならカーフィルムを貼るのがおすすめです。

肌にも環境にも優しい結果を残すなら東京都・千葉県。
ブレーキング時には瞬間的にさらに温度が上昇し、そのような高温で削られた鉄粉が飛散してホイールの表面に刺さったように固着するため、容易には取れない汚れとなってしまいます。
ピッチ、タールはアスファルトから溶け出した油性の汚れで、粘着質のため不用意に拭き取ろうとすると伸びて汚れを広げる結果になってしまいます。

自分で車を購入しようとする時、どんな車を選ぶかはその人の置かれた状況が変われば全く変わってきます。
車好きで初めて自分の車を手に入れようと言うときは燃費などの維持費や何人乗れるか、などの実用性よりもデザインやなどの見た目や、運転の面白さなどの趣味的な視点を重視して購入するのではないでしょうか。
しかし、結婚して家族が増えたりするとだんだんと家族の為の車という意味合いが強くなり、自分の好みでばかり選ぶという訳にもいかなくなってきます。
車が趣味、という人にとっては自分の好きな車に乗れない、というのはなかなかストレスです。車を何台も保有することができるような経済力があればいいのでしょうが、そんな人はほんの一握りです。
50代、60代の人がスポーツタイプの車に乗っているのを見かける事があります。ようやく、車に乗るという行為を家族から取り戻し、趣味としてのドライブを満喫しているのでしょう、好きな車に乗る喜びを噛み締めているように見えました。

ホイールの汚れが気になるのでしたら、コーティング施工をお勧めします。