アルミホイールのクリーニング

クリーニングの際にまずポイントとなるのは、仕上げにクリアコートがされているかどうかです。

通常の塗装タイプはまずクリアコートされてますが、クロームメッキタイプやアルマイトタイプは金属素地がそのままトップになっていることが多いため、ケミカルによるダメージを受けやすく、クリーニングには注意が必要です。また、塗装タイプであっても傷やヒビ等でアルミ素地にケミカルが浸透してしまう場合には、そこからダメージを広げてしまう可能性がありますので注意が必要です。
ホイールコーティングなら実績豊富な施工店

■ケミカルによる対応

素材とケミカルの適応性

コーティング施工の有無に関わらず、コーティングや洗車時にホイールのクリーニングは美観を決める重要なポイントとなります。ホイールの洗浄にあたってはこれまでに紹介したようにホイールの仕上げのタイプや汚れの種類によって対応方法が異なりますので状況に応じた適切な処理が重要です。
クリーニングの際にまずポイントとなるのは、仕上げにクリアコートがされているかどうかです。
通常の塗装タイプはまずクリアコートされてますが、クロームメッキタイプやアルマイトタイプは金属素地がそのままトップになっていることが多いため、ケミカルによるダメージを受けやすく、クリーニングには注意が必要です。また、塗装タイプであっても傷やヒビ等でアルミ素地にケミカルが浸透してしまう場合には、そこからダメージを広げてしまう可能性がありますので注意が必要です。
アルミホイールの素材によってクリーナーは使い分けなくてはいけませんが、むやみやたらとクリーナーを使用してよいわけではありません。
素材によっては変色の恐れがあり、変色してしまっては除去が不可能になってしまうケースがありますy。
クロームメッキやアルマイト仕上げのホイールは酸性クリーナーは絶対使用してはいけません。
通常はアルカリ性クリーナーのみで洗う必要があります。
鉄粉やサビを除去する場合は酸性クリーナーを使用したいところなのですが、酸化してしまうためどうしても鉄粉を除去したいのならばトラップ粘土を使用しましょう。
ホイールの素材によってクリーニング方法が違うことを知っておくと、購入する際の目安にもなります。
このような素材の違いや注意点はなかなか知らないし、ホイールメーカーも公開していないことが多いので、コーティング各社のHPを参考にしてみてはいかがでしょうか!!