ホイールコーティングに適したコーティング剤は?

車両の美観に大きな存在感を持つアルミホイールは、ボディ以上に過酷な条件にさらされており、油脂性の汚れからブレーキダストまで非常に汚れやすい状況にあります。また、ブレーキからの熱などで温度的にも高温になるため汚れがより固着しやすい状態です。ECHELON for Wheelはそのような過酷な条件下で効果を得られるよう開発したアルミホイール専用のガラス被膜コーティング剤です。ポリシラザンを使用したハイブリッドタイプで、ホイールの保護に必要な膜厚と耐候性を兼ね備えます。
ホイールコーティングもラッピングフィルムも千葉県
ハイブリッドタイプのメカニズムでムラの発生を極限まで抑えた理想的なコーティング被膜を形成します。

ECHELON for Wheel (powered by Zen-Xero)の性能

硬化時間の短縮=納車を待たせない

ホイールコーティングというカテゴリーは現在、既にメニューとして定着しつつあり、市場には様々な製品が存在していますが、これまでホイールコーティングでネックとされているのが施工後の硬化養生時間です。簡易的な製品では時間は必要ないが効果が今ひとつ、逆に確実な効果を得られる物は硬化に時間が掛かり納車までのタイムラグが問題になっていました。ECHELON for Wheel は、そこに着目して施工後の硬化時間を短縮するための処方をホイール用に開発し、被膜表面の乾燥が早く、施工後すぐに走行しても被膜に汚れが固着しにくく、効率的な施工とスムーズな納車に対応します。

アルミホイールはボディパネルと異なり複雑な形状をしています。また、施工後、早い時間で硬化しないと走行できないため時間のロスが発生します。本製品は作業性を考慮したエアゾールタイプで、細部への施工も容易です。もちろん、ホイールを装着したまま施工する場合には間接的にクロスに付けてから塗布することも可能です。粘性もないため少量で効率的に塗布が可能でスピーディな施工を実現します。

 ホイールコーティングやカーフィルムの技術力と施工実績

ホイールコーティングは効果的であるにも関わらず、従来ボディコーティングの付属的なイメージが強く、独立した施工メニューとしては扱いにくい面がありました。ECHELON for Wheelはホイールコーティングを施工メニューとして確立していくため、専用のホイールコーティング施工証明書をご用意しています。硬化時間の短縮によるコストパフォーマンスの向上と、付加価値による適正な施工価格を提案し、施工メニューとして利益を構築できる製品です。

PR|ホイールコーティング|カーオーディオ|