ホイールに施工できるコーティング

様々な形状があるアルミホイールですが、どのようなコーティングがおすすめなのでしょう?

車のホイールとボディでは用途や求められる性能が違うのではないかな?と思います。
ホイールの構造上、複雑にできているものも多く施工するには念入りに施工する必要があります。

ボディコーティングでは当たり前の手塗り、手拭き作業の商品はたくさんありますね。
ですが、複雑な形状やホイールの裏側まで施工するのはかなり困難なことになります。
そのような時には吹き付け作業ができることが求められてきますよね~~

エシュロンホイールコートという商品があるようなのですが、スプレータイプになっているようなので簡単に施工ができるようです。
細かな細部まで施工できて、ホイールの裏側までできるので一石二鳥ですね。

靴がきれいだと気持ちいいように、足回りがきれいだと気持ちいいですよね。
ホイールにガラスコーティングをしてきれいに乗ってみてはいかがでしょうか!

愛車の足回りを美しく引き締め、走りに高性能と躍動感をもたらしてくれるアルミホイールは、今やドレスアップパーツとして欠かせない存在となっています。

しかしドレスアップパーツの中でも特にアルミホイールが置かれている環境は過酷。只でさえ地面に最も近い位置に存在し常にタイヤを支え続ける一方、路面からの土砂の跳ね上がりや上方からの雨や泥水、そしてブレーキパッドから発生するダストに断続的に晒され、大変汚れ易い状況にあるのです。

洗車の中でも足周り、特に鉄ホイールとカバーというリーズナブルな構成は、どうせまた汚れるから…と軽視され簡単に終わらされがちなのですが、ことアルミホイールに関してはその足回りをドレスアップする役割を担っている為、そう簡単にクリーニングを終わらせる訳にはいきません。

多少手間は掛かっても美しく洗い上げなければならないのですが、その際に大きなハードルとなって立ち塞がってくるのが、アルミホイールの幾何学的な美しさを演出するその複雑な構造です。

複数のスポークにより構成され内部にも大きな空間が存在するアルミホイールは、それら細かな面にまでクリーニングの手を届かせる事が非常に難しく、厄介で時間が掛かるものなのです。
こうした手間を出来る限り解消するには、クリーニングそのものの手法に工夫を凝らすよりもむしろ、アルミホイール自体汚れが付き難く、また多少付着しても強い水流さえ当てればすぐに落ちてくれる様な表面に仕上げる事でしょう。

残念ながら新品でさえアルミホイールにはその様な施工が施されていないケースが多く、後からオーナーが自ら、あるいは専門業者に依頼し追加施工を行わなければなりません。
それらの施工の中でも現在最も高い信頼を得ているのがホイールコーティング。特にタフと言われている高耐久性のガラス系コーティングは長期間に渡り愛車のホイールを美しく維持し続けてくれるという事で、オーナーからの人気も高くなっているのです。

ガラス系ならではの大変強固な皮膜は大事なホイールをしっかりと包み込み、特にしつこく付着すると言われているブレーキダストさえも簡単に弾き飛ばし、また適度な水圧のみで簡単に洗い流せる様になるのです。

最もしつこいブレーキダストでこれですから、より軽度な土砂を始めとした汚れなら難なく落とせるもの。これならスパンさえ守れば、洗車機の比較的上方からの水の噴射だけでも十分にアルミホイールを綺麗に洗い上げる事が出来るでしょう。

愛車のホイールコーティングに関しては前述の通り、独力でコーティング剤を購入し丁寧にスプレーしながら行う方法と、全ての施工をプロの業者に任せるという2つの方法があります。前者はある程度の熟練と手間暇が掛かりますが当然工賃は発生せずリーズナブルなのがメリット。一方プロの業者に任せれば、まさにプロの腕で大変綺麗に施工してくれますが、その分工賃は取られ少々割高になるのは否めません。

いずれにせよ、愛車に対する手の掛け方や趣味としての捉え方等によりベストな方法を選択すれば間違いは無く、概ね満足ゆく仕上がりが期待出来ます。

肝心のガラス系ホイールコーティングの有効期間ですが、条件により変動はあれど、大事に乗り続ければ1年近くもってくれるのが普通で、大体愛車本体の外装に対して施すガラスコーティングとほぼ同じスパンで行える様になります。施工の手間を考えればなるべく同じ日にやってしまうのが好ましく、上手くスパンを合わせるのがコツと言えるでしょう。

ただ耐久性の高いホイールコーティングでも防ぎ切れないのは、物理的なアルミホイール表面への損傷。只でさえ他の異物と接触しスクラッチを起こし易い部位に位置しているアルミホイールですから、車幅ギリギリでの無理な操作はなるべく行わない様、ドライブルートの選択を心掛けるべきですよね。